頭頂部の薄毛対策について。血行不良、男性ホルモンなどが原因で発生する薄毛、抜け毛を改善する方法、おすすめの育毛剤などについて紹介します。

頭頂部の薄毛、抜け毛対策

頭頂部の薄毛は男性ホルモン、血行不良、毛母細胞の機能低下などが原因です。30代で徐々に髪の毛が薄くなり、頭皮が透けてくるパターンが多いです。

頭頂部の薄毛は気が付くと頭皮が透けている事がほとんどです。これは髪の毛のヘアサイクルが乱れている証拠です。男性ホルモンと特殊酵素「5αリダクターゼ」により脱毛ホルモンDHTに変換します。毛乳頭にあるレセプターとDHTが結合することで脱毛物質が生まれ、薄毛を引き起こします。

頭頂部の薄毛対策ではDHTの抑制が非常に大切です。脱毛物質「退行誘導因子」は毛母細胞の分裂活動を抑制し、髪の毛の成長は止まってしまいます。ただM字型、前頭部の薄毛に比べると頭頂部の薄毛は改善しやすい特徴があります。

薄毛対策では血行促進も重要です。血流が悪いと頭頂部まで十分に栄養が行き渡りません。栄養が足りないと毛母細胞の働きが落ち、髪の毛は細くなってしまいます。

頭頂部の抜け毛の原因となる脱毛ホルモンDHTの発生を抑え、血行促進と毛母細胞を活性化するが毛髪の成長には欠かせません。最近ではDHT抑制作用と血行促進作用の両方を満たす 育毛剤とサプリメントが人気です。

頭頂部が薄いと感じた時におすすめの育毛剤

チャップアップ
育毛剤とサプリで毛根を活性化
育毛剤には血流改善、炎症抑制作用のある約30種類の有用エキスを配合。サプリサプリにはDHTを抑制するノコギリヤシをはじめ、髪の毛の生成をサポートする亜鉛などを配合。
価格:9,090円~ 送料無料 30日間返金保証
育毛剤BUBKA
褐藻エキスM-034配合
褐藻エキスM-034が抜け毛の原因、退行誘導因子を抑制。頭皮の血行促進、保湿作用で頭皮環境を改善。さらにオウゴンエキスが脱毛の原因となるDHTの生成ヲ抑制します。
価格:12,600円 送料無料 30日間返金保証
ポリピュアEX
毛乳頭をダイレクトに刺激して育毛促進
毛母細胞の活性化に欠かせないタンパク質(FGF)を安定化させるバイオポリリン酸を配合。さらにセンブリエキスで頭皮の血行を促進して栄養を行き渡らせます。
価格:7,800円 送料無料 45日間返金保証

頭頂部の薄毛に育毛剤チャップアップをオススメするポイント

DHTを抑制するノコギリヤシ配合

チャップアップのサプリにはノコギリヤシが含まれています。ノコギリヤシは特殊酵素「5αリダクターゼ」の働きを阻害する作用があります。その結果、男性ホルモンからDHT(ジヒドロテストステロン)への変化を抑制します。DHTを抑制することでヘアサイクルの改善をサポートします。

血流を改善して毛根活性化

育毛剤には血流を改善するセンブリ、ニンジン、ニンニクなどのエキスを配合しています。血管を拡張して血流量を増やすことで、栄養分を毛乳頭に補給します。さらにチャップアップには海藻エキスやアミノ酸などの細胞活性化成分も配合。毛乳頭と毛母細胞の働きを活発にし、育毛を促進します。

植物エキスで炎症抑制

チャップアップには保湿、抗炎症作用のある植物エキスをたっぷり配合。地肌に潤いを補給することでフケやかゆみ、炎症を抑制します。その結果、炎症やかぶれによる毛穴の詰まりを予防します。さらに、チャップアップには香料や鉱物油、界面活性剤などの刺激物は無添加です。

頭頂部の薄毛対策  生活習慣

頭頂部が薄い男性の多くは、頭皮の硬度が硬くなっています。 これは血行不良が原因です。 東洋医学では髪の毛は「血余」と呼ばれています。 血液の最後の余り分が髪の毛の栄養に使われるためです。 血行が悪いと頭頂部の毛根まで十分に栄養が届かなくなります。 薄毛改善に欠かせない血行を促進する方法を紹介します。

・食事
肉類や脂分の多い食事ばかり食べていると、血液中のコレステロールや中性脂肪が増え、 血行が悪くなります。 血行を促進するには食物繊維を含んだ緑黄色野菜を意識的に食べることをおすすめします。 その他には血栓を予防する納豆、DHAやEPAを含んだ青魚、ワサビや大根なども血行を促進します。

・運動
運動不足は中性脂肪を増やし、血行不良を招きます。 仕事から帰って運動はなかなか難しいかもしれませんが、 週に2回はウォーキングやジョギングなどの有酸素運動をする事をおすすめします。 有酸素運動は心臓からおくる血液量を増やす効果があり、 血行促進に欠かせません。

・禁煙
タバコに含まれるニコチンは血管を収縮する作用があります。 タバコを吸うと、ビタミンCを消耗し、毛細血管が弱ってしまいます。 他にも喫煙はテストステロンやDHTを増加させる働きもあります。 ストレス解消にタバコを吸いたい気持ちはわかりますが、 薄毛を改善したいと真剣に考えているなら、禁煙をおすすめします。

頭頂部の薄毛対策 サプリメント

育毛剤で外側からアプローチしつつ、サプリメントで内側からもアプローチすることは薄毛対策により有効です。人気の育毛剤である育毛剤BUBKAやチャップアップにはサプリメントがセットになったタイプもあります。ここではおすすめの栄養分を含んだサプリメントについて紹介します。



●ノコギリヤシ
ノコギリヤシはヤシ科の植物から採れるエキスです。男性ホルモンに働きかける5αリダクターゼの働きを阻害し、DHTの生成を抑制します。フィナステリド程の強い効果はありませんが、副作用の心配はありません。

●亜鉛
亜鉛はタンパク質の分解、合成作用があります。髪の毛はタンパク質で出来ているため、亜鉛は欠かせない栄養素です。インシュリン合成、代謝の促進、前立腺の正常化作用などがあります。食事では摂りづらい栄養素なので、サプリメントでの摂取をおすすめします。

●マルチビタミン
サプリメントではマルチビタミンが人気です。ビタミンB2,B6をはじめ、ビタミンC、Eが重要です。ビタミンB郡は炎症や皮脂の異常分泌などを予防する作用があります。ビタミンCは活性酸素の除去、コラーゲン合成作用、ビタミンEには血流改善作用があります。マルチビタミンならこれらのビタミンをまとめて摂取する事ができます。

●DHA,EPA
DHA,EPAとは青魚などに含まれる不飽和脂肪酸です。血中コレステロール値を下げる作用があり、血液をサラサラにする働きがあります。血行を良くすることで、栄養分を体中に届けるサポートをします。DHA,EPAはイワシ、アジ、マグロなどに含まれていますが、サプリメントなら手軽に不飽和脂肪酸を補給できます

薄毛対策 ミノキシジル

薄毛対策では血流量を増やし、栄養分を毛乳頭に送ることが重要です。栄養を受けた毛乳頭細胞は細胞増殖因子(FGF)を生成し、育毛を促進します。



そこでおすすめなのはミノキシジルです。ミノキシジルには頭頂部の血流量を増やす働き、毛乳頭細胞を活性化する働きがあります。ミノキシジルはもともと血圧を下げる薬として開発されましたが、多くの患者に多毛の症状があらわれたため、育毛の外用薬として用いられるようになりました。

血管拡張、毛乳頭細胞活性化によりヘアサイクルを改善します。ヘアサイクルは成長期、退行期、休止期に分かれています。ミノキシジルを使用することで休止期から成長期への移行を促進し、髪の毛が成長するのをサポートします。

ミノキシジルを配合した商品として、リアップが有名です。リアップにはミノキシジル5%配合のリアップX5、女性用のミノキシジル1%配合のリアップジェンヌなどがあります。リアップは7000円前後で販売されています。第一種医薬品に指定されています。

ミノキシジルは医薬品の為、注意すべき点もあります。女性がリアップX5を使用するのは禁止されています。これは顔の多毛症状が出る可能性があるためです。また、育毛剤と比べると頭皮に刺激があります。カユミ、炎症などが出た場合は使用を中止します。また血圧、心臓、腎臓などに異常がある人は薬剤師や医師に確認してから使用する事をおすすめします。

生え際に効く育毛剤ランキング
生え際に効く育毛剤について。育毛剤の特徴、成分、効果をはじめ、生え際の育毛対策などを紹介。